インドアとアウトドア

先週は地元の友達と女友達と3人で中華食べ放題を食べに行った

かなり美味しかったが全員が阿吽の呼吸で”限界にチャレンジ“というスローガンを掲げてしまったため、完食後もう2度と中華は食べないと決め友達がオススメという女がいる店(スナックです)に行くことにした

女がいる店に女と行くという試みが初体験だった俺たちは「新しくてイイ」という理由で心を躍らせていた

が、”昭和のにおいがするエロ映画館にゲイや女装が集まっているらしい“という情報が僅差でそれを上回ったため行き先が変わり気がつくとどでかいピンク色の看板の前に着弾していた

これがまたとんだ選択ミスだった。オカマどころかゲイも女装もいなかった

それだけならまあそんなもんだろうと納得はできるのだがピンク色の看板に貼られているポスターが完全に最近のAVだった

あまりふざけるなよ、と言いたい

あの古い建物のあのサイズのピンク色の看板に貼ってあるのは80〜90年代のかなり古臭いポルノ映画であって欲しかった

求められるものを提供するのが商売だ

そもそも出発前にそこを画像検索したら”俺たちの絆“とかいう古いホモ映画の張り紙がしてあったじゃないか

まぁ”そういう時代“なのかもしれない

俺たちのワクワクした気持ちは時代に負けたらしい

俺たちは自称カラオケ部をやっている

新潟人の8割はカラオケが趣味だ(行くところがないので)

しかし今日はやったことない事をしてみようということでクラブへ行くことになった

大阪に住んでいた時はよく行っていたが(音楽の専門学生だったので)新潟のクラブは行ったことがなかったのでいい機会だ

しかし前から思っていたが新潟のクラブはあまりいいイメージがない

勝手な妄想だが身内がごく少人数で身内ノリしているだけでは...という不安があったが、いざ中へ入ってみるとまさにその通りだったので速攻で外へ出た。クラブ初体験の友達はもう2度と来ないと言っていた

時間も深夜2時を回りいい時間だがこのままじゃ帰れないという事で次はボーリングに行った

本当に俺らは普段カラオケしか行かないのですごく新鮮だったし楽しかった

ありきたりだが支払いを掛けて勝負をし俺が”102“という高得点でブッチギリ優勝を果たした(本当に全員ボーリングは久しぶりなので)

たまには普段やらないこともいいね、という事で朝方に解散した

次の日の仕事は死んだ

そして1週間がたち、昨日は


眠たいので続きはまた