f:id:konekotyan:20180205035030j:plain

大好きなアニメの1つに”交響詩篇エウレカセブン”がある

もはや何がきっかけで見たのかも思い出せないぐらい前にみたし、今冷静に何が面白いかと聴かれるとパッと出てこないけど、「特別」というぐらいには好きなアニメ

なのでネタバレしない程度に紹介していこうと思う

 

まず、世界感がたまらなく好きです

エウレカセブンに出てくる世界が綺麗で大好きでした

絵が綺麗。というか色の配色が絶妙な気がします。素人意見だけど

エウレカセブンって画像検索するだけで素敵な気持ちになれます

音楽もとてもよかった

まずSUPERCARの挿入歌がクソ程いい仕事してたしOP、ED全部よかった

何より1期EDの秘密基地は今でも自分の中で伝説ってぐらい好き。あの曲ひとつがある意味エウレカセブンのイメージになっていると思う

そして重要なのがエウレカ。というか7割ぐらいエウレカのとレントンの成長を見守る話みたいなところある。

思春期の不安定な心と思春期の謎行動力を足すと現れる”最強”を見るのがかなり感情移入出来て感動したり泣いたりした

と、話的にもこれが主軸だとは思うんだけどこの作品は主軸からの枝分かれの話が凄かった

レイチャールズ、ウィリアム、サクヤ、アネモネドミニク、子供たちとどれをとってもいい話なのが凄い

ブログ書くにあたってちょっと見直してみたんだけど、前半って結構1話完結というか普通のアニメっぽくて少しダレますね

でもそれがあってからの20話付近からの追い上げというか引き込まれ具合がヤバい

特に忘れもしない26話のモーニンググローリー。完全に””核””で一つの最終回でも良かったと思うぐらい良い回でした

最終話付近もラストにふさわしい盛り上がりで、50話長いって思ってたけどまだまだ続きが見たくなるような気持になったのを覚えています

最近気づいたんだけど自分は”その世界の真実”みたいなのがめちくちゃ好きで、それも含めて評価が高いです

やっぱり長いスパンでゆっくり全貌解明してくれるのが自分には合ってるのかなって思った

そういえば結構前に映画公開されたみたいですね。DVD出たら速攻見る

 

お風呂が炊けたのでここらへんにしておきます。次回は「エウレカ2がなぜダメだったのか」について書こうと思います…