アイドルのライブを見てきた

BiSHにはまってはや半年、新潟来るなら重い腰あげるか〜と数ヶ月前に決めたライブが先週あった。結論から言うとバチクソよかった

何がいいかと言うと家で引くだけでいいやと練習し始めたギターでステージに立ったみたいな達成感があった。いやもちろんステージに立ってたのはアイドルだが

ただそのくらいバカデカイものがあった


今まで家で1人ゴニョゴニョCD聴いたりラジオ聴いたりしてハァ◯◯かわええとか言ってたけど、開演前に並んでるオタクを眺めこいつらほとんど新潟に住んでて同じアイドル好きなのかって思うと不思議な感じがした

困ったらとなりのオタクに聞けばお前係員かよってぐらい親切丁寧に教えてくれたし(オタクだから)なぜか女の子がみんな可愛かったのはビックリした


ライブハウス内で待ってる時暇だったから隣の人に喋りかけたら相手も1人で来てて初めてのアイドルのライブだったらしくめっちゃ盛り上がった

モッシュどうします!?」とか「振りとかわかります!?」とか「コールわかります!?」とか多分あの一瞬だけは俺らが1番目をキラつかせていたと思う


そしてライブが始まって...""居た""

これはきっとずっと好きだったアイドルとかアーティストに初めて生で会いましたって時に感じるものだろうけど今まで散散youtubeとかで見てたアイドルが目の前に本当に本気で居た

居た!!!当たり前だけど居た。

仲良いインターネットフレンズのアイドルオタクさんに「絶対生で見た方がいいよ!」って言われてたけどこんなん生で見なくちゃ絶対生で見た方がいいなんて感覚にならないじゃんって思った

今まで半年間こっそり応援してた子がステージの前で歌っている...半年...決して短い時間じゃない

確かに自分の目で見なければわからない事もあった。普通にそのまま可愛かったし

ものの2時間で推しが変わってしまった

もちろん可愛くなかったとかじゃなくて、それ以上の何かに目を奪われてしまった。気がついたら目で追いかける相手が変わっていて、薄情者なのでそっこう心もそれを受け入れた

そして俺はモッシュに揉まれ闇に消えた


アンコールも終わり、新潟のワケわからん野外に放出された。現実って奴だ

演奏前に喋ってた彼ともライブ中に離れ離れになりそれきり、とても素晴らしい一期一会ってやつを体験出来た


しかし俺にはまだ特典会って奴があった

アイドルと写真撮れるチェキってやつ。ぶっちゃけこれを撮りにきたみたいなところもある

特典会まで開演前に喋ってた別のオタクの人とタバコ吸ってた

久しぶりにウマいタバコを吸った

券の仕組みとか全部この人に教えてもらったから喉が渇いてた俺はせめてもの気持ちでペットボトルのお茶を2本買った。社会人はこういうの大事だ。時間があったら飯でも奢りたかったけど


そして俺は推しと初めて接触しに行く...

2時間前に変わった推しのレーンへ......



アイドルってなんだろうと思うと、元を正せば普通の女なんだと思う

もちろんこの上ない努力の上に成り立っているのは承知だが、それが歌の練習して、ダンスの練習して、ステージに立つとあんなにも光り輝くのかと思うと自分も頑張らなきゃなと最高の気持ちが残った。凄いね